EN

COMPANY

会社データ

概 要
会社名

小松工業株式会社

本社所在地

〒438-0231 静岡県磐田市豊岡6115-5

TEL 0538-66-5521(代) FAX 0538-66-4786

役 員

代表取締役社長 小松 敏幸
常務執行役員 山崎 弘晃

執行役員 内藤 公郎、大場 康文

創 立

1962年 9月

設 立

1971年 9月

事業内容

冷間鍛造から各種部品の一貫加工

  • 自動車部品(二輪・四輪・ATV)製造
  • 電動アシスト自転車部品、鉄道関係部品製造
  • 工作機械部品、建設機械部品製造
  • 船外機部品、その他部品製造
資本金

1,600万円(決算期 3月)

主な取引先

(株)アスキー、イワタボルト(株)、川本鋼材(株)、

クノールブレムゼステアリングシステムジャパン(株)、

小林工業(株)、三遠機材(株)、(株)ショーワ、スズキ(株)、

(株)スズキ部品製造、(株)ソミック石川、豊田通商(株)、

日立オートモティブシステムズ(株)、富士機工(株)、(株)平安コーポレーション、

(株)メタルワン鉄鋼製品販売、ヤマハモーターエレクトロニクス(株)、

(株)ユニバンス、NSKワーナー(株)

PT.KOMATSU KOGYO INDONESIA

(株)アスキー、イワタボルト(株)、川本鋼材(株)、

クノールブレムゼステアリングシステムジャパン(株)、

小林工業(株)、三遠機材(株)、

(株)ショーワ、スズキ(株)、(株)スズキ部品製造、

(株)ソミック石川、豊田通商(株)、

日立オートモティブシステムズ(株)、

富士機工(株)、(株)平安コーポレーション、

(株)メタルワン鉄鋼製品販売、ヤマハモーターエレクトロニクス(株)、

(株)ユニバンス、NSKワーナー(株)

PT.KOMATSU KOGYO INDONESIA

主な仕入先

岡谷鋼機(株)、川本鋼材(株)、

サンキン(株)、(株)メタルワン

従業員数

約175名(期間工含む)

敷地・建屋

敷地 19,059㎡  建屋 8,468㎡

関連会社

PT.KOMATSU KOGYO INDONESIA(インドネシア共和国)

PT.CHUNETSU INDONESIA(インドネシア共和国)

PT.S-FACTORY INDONESIA(インドネシア共和国)

SMT株式会社(日本)

ISO認証

JIS Q 9001 :2015(登録番号:Q1732)

JIS Q14001:2015(登録番号:E0591)

*ISO方針はこちら
沿 革
1962年 小松工業所を個人創業(浜松市南区茄子町)
1964年 浜松鉄工団地に移転(浜松市南区三島町)
1969年 冷間鍛造機導入(ダブルヘッダー)
1970年 鈴木自動車工業(株)「現:スズキ(株)」の協力工場に認定
1979年 磐田市(旧竜洋町)に全面移転
1981年 冷間鍛造プレス(コマツ300t)、熱処理・焼鈍炉、ボンデ装置導入
1988年 多段打パーツフォーマーを導入(BPF-540)
1992年 新事務所社屋完成
1995年 工場増設(金型工場)
1996年 大型多段打パーツフォーマー導入(BPF-560)
2000年 プレス工場新築(630tトランスファー冷間鍛造プレス導入)
2003年 ISO9001認証取得
2004年 IHARA MANUFACTURING(THAILAND)CO.,LTD.と冷間鍛造技術援助契約締結
(2011年3月にて契約満了)
2005年 ISO14001認証取得
切削工場新築(ひばりが丘工場)
無酸化連続焼鈍炉を導入
2009年 PT. KOMATSU KOGYO INDONESIA設立 現地生産へ(JABABEKA工業団地)
2011年 スズキ(株)様より、2010年度優秀取引先として『Best Partner』に選出
2012年 PT.KOMATSU KOGYO INDONESIA 新工場完成全面移転(KIIC工業団地)
PT.CHUNETSU INDONESIA(熱処理会社)への資本参画
2013年 太陽光発電システム(100kW)を導入
2016年 超音波洗浄機、クリーンブース(クラス10,000)を導入
2017年 PT.KOMATSU KOGYO INDONESIAへ増資 資本金額$5,500,000-へ
2018年 PT.S-FACTORY INDONESIA(切削加工会社)への資本参画
経営理念,経営方針
経営理念

『我が社の成長、発展こそが社会への貢献と社員幸福の基礎である』

をモットーに部品製造メーカーとしての地位を永遠に確立させる

経営方針

『冷間鍛造技術を基軸とし、世界に通用する高付加価値一貫生産企業を目指す』

スローガン

技術の進化・深化で世界を取り込もう,3新!新市場,新技術,新需要,『No surrender!』

セグメント別売上比率(2018年度実績)
セグメント別売上比率